Dr.潤の挨拶

こんにちは。
潤です。

このたび准教授ということでお役目いただきましてありがとうございます。
よろしくお願いします。

何を書こうか…と色々考えましたが、技術的なところはあしもすさんがスペシャリティすぎるので(笑)
私からはLisPonをやってよかったなと思う事について話そうと思います。

私はわりと初期の頃からお邪魔させていただいておりますので、約1年ぐらいユーザーとして、
キャストとしてLisPonを見てきた、そんな人の話だと思って読んでもらえたらうれしいです。

■「1人」に声を届けられる

LisPonにはリクエスト機能があるのは皆さんご存知だと思いますが、
「誰か特定の1人」に対して声を届けられるって素敵だと思います。

もし皆さんが好きな声優さんやyoutuberがいたとして、
その人と個人的なつながりがない限り、自分のためだけに声を撮ってくれる
なんてほぼないかなって思うんですよね…。

ユーザーの人が何かしらの思いでリクエストをして、
それを見て、キャストは一瞬でも
「その人のことだけ」を考えてボイスを撮る。

それがその人に届いて、喜んでくれたらいいなって、
みんなシンプルにそう思ってると思います。

たとえフォロワーが1人でも1万人でも、
やっていることは同じですし、そこに差はありません。

私はyoutubeから声配信を始めたのですが、
この機能はLisPonならではで、すごくいいなと思いました。

いつも自分の声を聞いてくれてる
「誰か」に向けて、声を届けられる。

私は最初からキャストでしたが、
ユーザーから入ったキャストの方は私以上にそう思っているかもしれません。

最近はLIVE機能もあるので不特定多数の人に配信できるようになりましたが、
形が違うだけでどっちも良いと思います。

いろんな人と会話するの、楽しいですしね!

私も、もぐって色んな人の配信を聞いたりしてます。
いきなりドングリ投げたりしますので、
そのときは温かく迎えてもらえると助かります。笑

■色々な人と知り合える

私はyoutubeだけやっていた頃ほぼ1人で活動していたので、
同じような声配信をしている人と知り合う機会はありませんでした。

たまにtwitterを覗いてフォロワーがめっちゃ多い人とかを見つけると
「なんでこんな友達多いんやろ…私はやっぱりコミュ障なんやろかw」
とか考えてました。

それが、周りに恵まれたおかげもあって
LisPonで色んな人と仲良くすることができて、一緒に配信したり、
作品を作ったりして、多くはないですが気づけば友達も増えてました。

その人たちの中には、演技が超上手い人もいれば、歌がヤバ過ぎる人もいるし、
「いやー!世の中めっちゃすごい人ばっかりやん!」ってテンションあがったり、
自分マジ普通やなってちょっと凹んだり…笑

ただ、どういう方でもLisPonをやっていなかったら出会えなかった人たちですし、
それはユーザーの方に対しても言えることかなって思います。

LisPonがなければ知ることもなかった人と繋がることができた。

そういう出会いを私にくれたLisPonさんには、すごく感謝してます。

今もし、キャストさんで
「自分の声なんか聞いてくれる人いるのかな…」と悩んでいる人がいるとしたら、
その答えは1つ、「絶対にいます」です。

これは2年ぐらい、細々と声配信をしてきた私が経験したことです。
あなたの声を待っている人は、必ずいます。

色々形はこれから変わっていくこともあるかとは思いますが、
今後LisPonが、演技や歌を通して
「声」でユーザーとキャストが繋がれる、
ただ純粋にそういうツールとして広まっていったら良いなと、そう願ってます。

1件のコメント

  1. 俺もLisPonは今は特別な場所の一つになりました。
    いろんな方との出会いと表現の楽しさといろんな刺激と魅力ある素敵な場所です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)